• ホーム
  • 高校生や若い世代でも低用量ピルは使われています

高校生や若い世代でも低用量ピルは使われています

2019年09月20日
微笑んでいる女性

男性ができる避妊法にもいろいろあり、女性ができる避妊法もさまざまあります。
そのひとつに低用量ピルによって、コントロールするというものです。
これによって、望まない妊娠によって母体やこどもに必要のない負担をかけることを防ぐことができます。
また服用を中止することによって、妊娠することが可能な状態に戻すことができるので、計画的な妊娠出産ができます。
受け入れ態勢をきちんと整えて授かることが、母体にもこどもにも妊娠中、出産後を通して精神的にも肉体的にも安心で安全であると言えます。

また、低用量ピルには避妊法の他にもいろいろな良い働きがあります。
生理周期をコントロールすることによって、生理痛などの月経関連の症状が改善されます。
高校生や若い世代でも低用量ピルが服用されるようになってきました。
最近急速に増加している子宮内膜症についても、ピルの効果が期待されていて、月経困難による激しい痛みや出血過多の症状の軽減が認められています。
若い世代によく使用される低用量ピルにヤーズというものがあります。
超低用量ピルとして知られるヤーズの避妊効果は高いですが、副作用の少なさから月経痛の緩和やニキビの改善に使用されるケースが多いです。

さらに、このような異常な月経から妊娠が困難となり、不妊に至る女性も多く、早目に低用量ピルを服用することで不妊症の予防にもなります。
また、ニキビについても改善されるので、最近では高校生や若い世代でも低用量ピルの服用がみられます。

関連記事
様々な避妊方法を知ろう! 2019年10月19日

避妊方法は一つではありません。質問サイトの知恵袋でも提案されていますが、コンドームを使った方法があります。これは精子が女性の膣内に入ることをコンドームによって抑制するという物理的な方法で一般的によく使われています。キチンと使えばほぼ100パーセントに近い割合での避妊が可能です。他にも知恵袋で提案され

2019年10月19日
低用量ピルを使用できない女性とは 2019年09月23日

近頃ではインターネットの掲示板やラインなどスマホが普及したことで、避妊などに関して自由な議論や深い情報を話し合えるようになっています。これにより、避妊に関して女性の間で話すことは恥ずかしいことではなくなってきています。また避妊に関しての情報は一昔前に較べるとインターネットなどを使うことにより、個人で

2019年09月23日
低用量ピルで美肌になれる? 2019年09月17日

低用量ピルの服用を続けていれば、ホルモンバランスが改善されてくるので、生理前後に現れやすい吹き出物ヤニキビなどができにくくなってくることもあります。美肌を目指す体調管理としては、ホルモンバランを整えることができるので、肌トラブルを事前に予防できるのです。それ以外にも月経前症候群の症状が緩和されてきた

2019年09月17日
低用量ピルの効果は避妊だけじゃない 2019年09月14日

避妊薬として女性が服用する薬に低用量ピルがあります。このピルには、卵胞ホルモンと黄体ホルモンが含まれていて、排卵が抑えられ受精・妊娠をさせないようにしています。正しく服用すれば、ほぼ100%の確率で妊娠を避けることが出来る安全な薬です。飲み続けることにより妊娠しにくくなるといったこともなく、妊娠を希

2019年09月14日