• ホーム
  • ピルを服用する上でで意識したい生理サイクルについて

ピルを服用する上でで意識したい生理サイクルについて

2019年12月09日

意図しない妊娠を回避するべく、避妊方法は古来より人々の間で研究されて来ました。
昔の時代は迷信に近い避妊方法もいくつか存在しましたが、近年では科学的な見地から考案された医薬品と避妊具による二種類の方法が確立されています。
特別な理由がない限り、女性はピルで男性は避妊具を使う事で意図しない結果を回避出来ます。
それもピルと避妊具を併用する事でほぼ百パーセントの回避が望めますので、避妊方法としては大変優秀です。
女性向けの避妊具も一部存在はしていますが、装着が難しい、入手が面倒、それでいて効果が男性のコンドームよりも低い等の理由から、あまり推奨されていないのが実情です。

ピルを服用する上で意識したいのが生理のサイクルです。
月経がスタートした時期を正しく見定め、適切なタイミングで服用を開始するのが基本的な避妊方法です。
オリモノに僅かでも出血があれば、月経がスタートしたとしてピルを飲み始めてOKです。
ピルの影響によって、出血の量が普段と変わる、あるいは微量の出血量が連日継続する等のケースがありますが、リスクに繋がる影響ではありませんので、特に恐れる事なく使用を続けましょう。

ピルの服用タイミングは特に定まっておらず、女子個人の任意の時間帯で良いとされています。
ただし、いたずらに飲む時間を遅らせてしまうと、不正出血などの症状が現れますので、原則半日以内のズレに留めた方が良いでしょう。
ピルは女性の身体に優しい医薬品ですが、決められた量以上を服用するのは危険です。
過剰摂取によって避妊効果が高まる等のメリットはありませんので、必ず商品毎に定められた推奨量を守りましょう。
また他の医薬品同様に劣化したお薬は服用に適しません。
湿気や太陽光が当たる場所は避け、安全な所で保管しましょう。

関連記事
ピルの避妊方法や休薬期間、金額を知ろう 2020年01月15日

低用量ピルを使った避妊方法とは実は単純です。低用量ピルには主に21錠タイプと28錠タイプがありますがどちらも効果は同じになります。21錠タイプの場合は一日一錠を21日飲み続けます。前にピルを飲んでから必ず24時間以内に飲まなければいけません。そして21錠全て飲むと7日間の休薬期間を設けます、この時に

2020年01月15日
高校生や若い世代でも低用量ピルは使われています 2019年09月20日

男性ができる避妊法にもいろいろあり、女性ができる避妊法もさまざまあります。そのひとつに低用量ピルによって、コントロールするというものです。これによって、望まない妊娠によって母体やこどもに必要のない負担をかけることを防ぐことができます。また服用を中止することによって、妊娠することが可能な状態に戻すこと

2019年09月20日
確実な避妊方法とは? 2019年11月13日

避妊方法と一口にいってもその内容には色々なものがあります。ごくごく簡単なものであれば性行為の際に使用するコンドーム、その他であれば避妊リングや避妊手術、経口避妊薬などが挙げられます。この中でもより手軽で、その避妊効果が高いとされているのが経口避妊薬、避妊ピルです。経口避妊薬はその成分に黄体ホルモンと

2019年11月13日
様々な避妊方法を知ろう! 2019年10月19日

避妊方法は一つではありません。質問サイトの知恵袋でも提案されていますが、コンドームを使った方法があります。これは精子が女性の膣内に入ることをコンドームによって抑制するという物理的な方法で一般的によく使われています。キチンと使えばほぼ100パーセントに近い割合での避妊が可能です。他にも知恵袋で提案され

2019年10月19日
低用量ピルを使用できない女性とは 2019年09月23日

近頃ではインターネットの掲示板やラインなどスマホが普及したことで、避妊などに関して自由な議論や深い情報を話し合えるようになっています。これにより、避妊に関して女性の間で話すことは恥ずかしいことではなくなってきています。また避妊に関しての情報は一昔前に較べるとインターネットなどを使うことにより、個人で

2019年09月23日
低用量ピルで美肌になれる? 2019年09月17日

低用量ピルの服用を続けていれば、ホルモンバランスが改善されてくるので、生理前後に現れやすい吹き出物ヤニキビなどができにくくなってくることもあります。美肌を目指す体調管理としては、ホルモンバランを整えることができるので、肌トラブルを事前に予防できるのです。それ以外にも月経前症候群の症状が緩和されてきた

2019年09月17日
低用量ピルの効果は避妊だけじゃない 2019年09月14日

避妊薬として女性が服用する薬に低用量ピルがあります。このピルには、卵胞ホルモンと黄体ホルモンが含まれていて、排卵が抑えられ受精・妊娠をさせないようにしています。正しく服用すれば、ほぼ100%の確率で妊娠を避けることが出来る安全な薬です。飲み続けることにより妊娠しにくくなるといったこともなく、妊娠を希

2019年09月14日